コンドームについて

勃起したペニスに厚さ0.05〜0.02ミリ のひじょうに薄いゴムの袋(コンドーム)をかぶせて、精子が子宮内へ侵入するのを防いでしまう。

取り扱いが簡単なうえに、薬局やコンビニエンスストア.自動販売機など、どこでも手軽に購入できるので、もっともポピユラーな避妊法として広 く利用されている。

ペニスのサィズや形に合わせてさまざまなタイプのコンドームが発売されており、中にはスムーズな性交ができるようにと表面にゼリー状の潤滑液を塗ったものまである。

いくら薄いとはいえペニスにゴムの袋をかぶせるのだから多少性感が損なわれるのは否めないが、自分に合ったコンドームを選ぶようにすれば使用中の違和感はかなり解消されるはずだ。

コンドームの装着法は、まず表裏をチヱックしてから、内部に空気が入らないように先端の精液溜まりを軽くひねって押しつぶしながらペニスにかぶせていく。空気が入っていると、亀頭の感度が悪くなるだけでなく、そこから破けてしまうことがあるので気をつけるように。

装着に慣れていないうちは、精液溜まりに唾液や潤滑ゼリーを少したらして空気が入らないようにすればいいだろう。あとは、ペニスの胴体に合わせてクルクルと巻き下ろしていけば装着が完了する。このとき、コン^ムをペニスの根元までしつかりかぶせることが肝心。中途半端なつけ方をしていると、注交中にコンドームが膣内で外れて避妊効果が激減してしまう。

ここで気をつけてもらいたいのは、必ずペニスが完全に勃起した状態でコンドームをつけること。勃起が不完全だと、装着時にコンドームがよじれてペニスの根元までしっかりかぶせることができず、セツクスの最中に破けたり、抜け落ちてしまう危険がある。

また、コンドームの装着はペニスを膣に挿入す る前におこなわなければ意味がない。コンドーム をつけずにセツクスを始めても、射精の前に装着すれば問題ないのではと勘違いしている人がいるが、ペニスの勃起とともに染み出すクーパー腺液 に精子が混ざっていたり、本人が気づかないうちに精子が漏れ出ていることがあるので、途中から の装着はやめるべきである。

射精後は、ペニスの勃起が続いているうちに、 膣内でコンドームが脱落しないように根元をしっ かりと押さえながら引き抜くのが望ましい。

無造作に腰を引いて膣内にコンドームを残してしまうのは単なる不注意としか言いようがないが、コン^ムをかぶせていることに安心しきつてぺニスが萎縮するまで挿入を続けていると、密着性がなくなったコンドームの根元から精子が漏れ出てしまうので’ 事後はすみやかに処理をするべきである。

コンドームは確実性の高い避妊法だが、使い方をきちんと守っていなければ本来の効果は期侍できない。手軽で習慣化しやすいからといって取り扱いがぞんざいにならないようにくれぐれも注意してもらいたい。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です