興奮

スカトロジー

スヵトロジーとは、ふつうの人が忌み嫌う糞や 尿といった排泄物にフヱティシズムのような異常 な愛着を示す性衝動である。対象が尿に限定され たものをウロラグニア(嗜尿症)’ 糞便に限定 されたものをコプロラグニア(嗜糞症)といい、 このふたつをまとめた排泄物崇拝の性衝動全体を スカトロジーと呼んでいる。中には、嗜好の対象 が糞床だけにとどまらず、唾液や痰.反吐など口 から出される物、経血^愛液.精液などの性器か ら分泌される物、汗や垢.鼻水などからだのさま ざまな部分から排泄される老廃物に広がっていく ものもある。これらもある種のスカトロジIの表 れだと#えられる。

説では、スカトロジーは幼児期にみられる糞尿への愛着心から発生していると言われている。 幼い子供は、自分の糞や尿を汚い排泄物と思うの ではなく、自分のからだが生み出した分身だと感 じているょうだ。そのため、自分が排泄したウン チを手に取って遊んでみたり、わざとトイレの水 を流さなかったりという行為がみられる。大人に なってもその愛着心を捨てられないでいるのがス カトロジーの起源になっているのである。

スカトロジーには、大きく分けてふたつのパタ—ンがある。ひとつは’ 自分が排泄をする、あるいは相手に排泄をさせることで興奮するタイプで、 そのもっとも代表的な行為はSMプレイの中でお こなわれる浣腸である。浣腸をされるのはマゾヒ ズム系、浣腸をするのはサディズム系になるが、ちらもスヵトnジー嗜好であることに変わりはない。浣腸された側は排泄行為にともなう快感をした側は相手がしゃがんで排便する姿に性的興奮. を感じていく。強制的に尿をさせるには、プレイ を始める二時間ほど前にビールかお茶を飲ませて おく。浣腸には、市販されている浣腸薬を使うか、 直腸内にお湯やひと肌にあたためた生理食塩水. 牛乳などを注入する方法が一般的だ。ただし、あ まリ頻繁にやりすぎると直腸壁を傷めることにな るので、相手の体調に注意しながら進めていく必 要がある。

もうひとつのパターンは、排泄物そのものに執 着するタイプ。これはフェティシズム傾向が強い スヵトロジーで、糞尿の色や臭いをじっくりと観察 することに始まり、手に取ったりからだになすりつ けてその感触を楽しむょうになっていく。さらに は、口にすることで性的快感を覚えるようになる。 たいていは好きな相手の排泄物に愛着を示すもの なのだが、中には自分の糞尿だけに執着する人も いる。この場合、糞尿への偏愛が目的となっているため、SMプレィのような浣腸は好まれない。

この趣味の人には、自然に排泄された糞尿こそが性欲の対象物なのである。

こんなことを言われると、スカトロジーがとて も異常な性欲に感じられるかもしれないが、その 起源が幼児体験にひそんでいることからも明らか なように、スカトロジー性は誰にでもそなわつて いる。たとえば、女性のシミ付きパンティに興奮 するのはスカトロジーの初期段階といえるし女 性の股間に酒をそそいで愛液と酒をまぜ合わせる ワカメ酒や刺し身に醬油のかわりに愛液をつけて 食べる行為もスカトロジーの変形八ターンである。

糞尿を食べるようになるにはかなり強烈なスカ トロジー傾向が必要だが、恋人の排泄姿を見たが るくらいならとくに異常とは言えない。それだけ 深い愛情があるからこそハ—^ナーのありのまま の姿を知りたがるともいえる。排泄行為は、セツ クスとおなじように’ すべての人間がおこなつて いる生理行動なのだから、強弱の差こそあれ、ス カトロジー注はとくに異常な性衝動ではない。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です