女性

デートの誘い方 女性心理をたくみにあやつる

女性のハートを射止めるには?

恋愛とは、男性と女性が共通の体験を積み重ねていく行為である。しかし、知り合ったばかりの二人にはこの共通体験がなにひとつない。当たリ前のことなのだが、女性の気持ちはそう簡単に納得してくれない。男性は一般的にものごとを自分の力で切り開いていこうとするのに対して、女性は本能的に受け身におかれることで安心する傾向が強い。女性が占いや人生相談を好むのは、この特性によるものなのだ。この傾向は、恋愛にも現れてくる。二人の関係になにか運命的なものが加わると、それだけで女性の気持ちは高まり、男性への傾斜を深めていくようになる。

共通の体験はなんでもいい。おなじ映画をみていた、本を読んでいた、出身地が近い、学生時代にテニス部にいた、ディスコへ遊びに行ったことがある……。厳密には別々の体験なのだが、共通の話題が広がることで、女性は二人の関係が進展したように錯覚するのである。

血液型や星座・頭文字なども忘れてはならない。血液型が一緒なら申し分なし、もし違っていても「A型とO型って相性がいいんだよ」と共通項を増やしていけばいい。彼女から相性が悪いと言われたら、その言葉を逆手にとって「ボクは血液型占いなんて信じないな」とポリシーを持っているように演出すればいいだけのこと。彼女がその言葉にうなずけば、二人の共通体験がひとつ増えたことはまちがいない。

そうやって彼女の気持ちがほぐれたら、すかさず食事に誘うように。それも、居酒屋とか定食屋ではなく、ちょっと値が張っても洒落た料理店に連れて行くようにしよう。食欲は人間の根源的な欲求である。しかし、恋愛においては、食事も二人の共通体験にしなければならない。お腹を満たすことが目的ではなく、二人の歴史に書き込むイベントとしていっしょに食事をするのである。

また、周囲の雰囲気も女性の気持ちを動かす大事なスパイスになる。その手の店なら、周りもみんなカップルで来ていることだろう。そうなれば、彼女は当然”みんなカップルだから、わたしも……”という気持ちになって、否応なく恋愛気分をふくらましていくのである。受動的な女性がファッションや流行に敏感に反応するのは当然のこヒ。そして、恋愛に関しても同じように、外部からの情報に流されやすいのである。

何回デートに誘ってもOKしてくれない女性には、ちよっとインターバルをおいてみるといいだろう。しつこく誘われている間は防衛本能が働いてつれない態度をとっていた女性でも、男性から声をかけられなくなった途端、なにか物足りないさびしさを感じるようになる。「あんなに一生懸命だったのに、どうしたんだろう?」と不安をつのらせ、彼女の方から、それまでは相手にもしていなかったその男性に急激に意識を向けていくのである。二~三週間のブランクを空けてふたたびアタックをかけてみると、意外なくちい簡単にOKの返事がもらえるようになるはずだ。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です