ヒップへの愛撫

女性の大きくなめらかなヒップを愛撫するとき、 ほとんどの男性が無意識のうちに手の平を押し当 てて’ ヒップのお肉全体を揉みこむように刺激して いることだろう。これは、女性のヒップの柔らか な弾力を楽しみたいという男性のストレ—卜な欲 求から発生した、本能に突き動力された愛撫法と 思われる。
ところが、あらためてヒップの愛撫テクニック を考察してみると、不思議にもこの方法か最適な のだからよくできたものだ。
もともと、ヒップは末端神経が集まった鋭敏な 器官だが、座つたときにクッションの働きをする よう、内側に厚い脂肪の層が広がっている。しかし、身体機能に欠かせないこの脂肪層も、愛撫の 面では邪魔物でしかない。しかも、ヒップは日頃 から圧迫刺激に慣れているので、指先で軽く押さ れたくらいでは性感がなかなか高まらない。やは り、彼女の興奮を高めるには、ヒップのふくらみ を手の平で包みこみパン生地をこねるょぅに揉み ほぐしていくのが適しているのである。
また、ヒップのふくらみをマッサージすること は、内側を走る臀筋を刺激することにもなる。こ の臀筋は、膣やアヌスを収縮させる括約筋と隣接 しているので、臀筋の動きがダィレクトに括約筋 に伝えられて、女性はあたかも性器を愛撫されて いるょぅな錯覚を味わわされる。性的に興奮した 女性のヒップに”尻えくぼ〃と呼ばれる窪みがで きるのは、性器周辺の括約筋の収縮が臀筋を緊張させた結果。そして、ヒップへの刺激はこの逆の流れをつくり出して’ 彼女の性器やアヌスを微妙 な収縮で翻#するようになるのだ。

彼女をうつぶせに横たえたら、ヒップのふくら みに左右の手の平を押し当てて、ヒップ全体が震 えるくらいはげしく震勧させてみよう。たんねん なマッサージも大切だが、いつもおなじテクニッ クでは面U味がなくなつてしまう。ときには強烈 な刺激を与えて、これまで眠つていたヒップの性感を目覚めさせてみようではないか。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です