女性

予算別デートコース お金は”愛のささやき”に通ずる

デート代は男性が持つつもりで

女性は時として、ひじょうに打算的になることがある。感情が高ぶっているデートのときでも、男性から愛されていることを実感するために、彼の言葉や態度、視線の行方などさまざまな事柄をいつも推し量っているのだ。なかでも、お金のことになると、打算的な性格が露わになってくる。

女性が打算的だといった理由は、支払い=男性の愛情の深さ、と読み取るところにある。よく支払いの段になって財布を取り出す女性がいるが、アレは社交辞令だと思って間違いない。決して、彼女の言葉にのってワリカンにしようなどと考えないこと。ワリカンで食事をしようと思っているかぎり、二人の関係が進展するのはむずかしい。

女性は、男性が財布を開くたびに”わたしのために、こんなにお金をつかってくれるのね”とひそかな満足感にひたっているのだ。婚約指輪が給料の三カ月分というのも、単なる宝石店の売リ文句では無く、打算的な女性心理をたくみにとらえた効果的な愛情表現なのである。

男性が踏まえておかなければならないのは、デートでお金を出すのは自分の役目だということ。男性側にしてみれば、男女平等のこの世の中,でこれほど不公平なことはないと感じるのも無理はないが、これが現実なのだから受け入れるしかないのだ。つまらないところでお金をケチっていたら、女性のハートを取り逃すばかり。お金には愛のささやきとおなじ力が備わっていると割り切ワて、彼女のために財布のヒモをゆるめる覚悟を決めておこう。

とはいっても、大金持ちでもないかぎり、自由になるお金はたかが知れている。女性だってそのことは承知している。女性だって、男性に無理な出費をさせるのが楽しみでデートしているわけではないのだから、金額の大小を気にすることはない。自分の生活レベルに合わせてデートを組み立てるのも男性の腕の見せ所なのである。

1万円コース①

ドライブ

●車があれぱ、ドライブにかぎる。好きな男性と二人で知らない土地へ足を伸ばせば、それだけで女性の気持ちは解放的になっていく。ガソリンは事前に満タンにしておくということで、予算には組み込まず、出費は0円。

●昼食は、眺めのいい場所に車をとめて。途中で竇い込んだハンバーガーやお弁当をひろげて、二人でムシャムシャ。ピクニック気分が盛り上がったところで、彼女の肩に腕をまわしていこう。青空の下、ならんでお昼寝しているだけで、二人の親密度がアップしていく。食事代で1500~2000円。

●ドライブを再開。彼女の横顔に熱い視線をおくり、街道沿いのホテルへチェックイン。二時間の休憩で4000~6000円。泊まりだとだいたい1万円前後になる。

●帰る道。色気は無いが、車でしかいけないような場所にある評判のラーメン屋によって夕食を。1000~1500円。

1万円コース②

映画館

●車が無い場合、まずは喫茶店で待ち合わせ。あまりうるさくない、入りやすい明るい感じの店がベスト。二人でお茶を飲んで1000円の出費。

●はやりの映画を見る。映画館の暗闇の中で二時間あまり、肩を寄せ合って息をひそめる。べつにラブストーリーにこだわることはない。アクションでもコメディでも面白い映画が一番。当然、見終わった後の会話も盛り上がる。入場料とポップコーンで4000円。

●食事は、あまり高くないお店で。落ち着いた雰囲気のスパゲティ屋やカレー屋などがお勧め。ただし、お酒が飲めないところは避けるように。アルコールは女性を大胆にする媚薬みたいなもの。グラス一杯のワインが、彼女の服のボタンをゆるめてくれるのである。4000~5000円

●食事を終えたら、腕を組みながら静かな公園をゆっくりと散歩。気分が盛り上がってきたところで、彼女の肩を優しく抱きしめてキス。もちろんお金はかからない。

●どんなにあやしい雰囲気になっていても、もうお金がないのでホテルはNG。行くのなら自分か彼女の部屋へ。女性が自分の部屋へ男性を招き入れたら、かなりのレベルで心を許していると思って間違いない。こちらも出費はナシ。

3万円コース

遊園地

●待ち合わせは喫茶店で。1000円

●遊園地へ行って、ジェットコースターやお化け屋敷で大はしゃぎ。最近はカップルのためのナイトタイム営業もあるので、夜空に包まれながらの観覧車でロマンチックなムードを演出してみよう。遊園地のほか、子供のころに行ったきり忘れている動物園や幻想的な美しさをかもしだす水族館も、童心を呼び起こして素直な気持ちにさせてくれるデートスポットである。入場料とジュース代で6000~10000円。

●動き回った後なので、しっかり食べさせてくれる中華料理やイタリア料理がぴったりくるだろう。お酒をかたむければ、昼間の疲れが手伝って、すぐに心地よい気分になってくるはず。ゆっくり座ってくつろげるお店を選ぶようにしよう。とはいっても、いきなり店を探してもなかなかいい所は見付からない。日頃からグルメ雑誌や友人の話を参考に、使えそうなお店をチェックしておくのを忘れないように。値段は1万円前後である。

●店を出たら、彼女の腰を回してホテルのネオンの方向へ歩き出そう。それだけで意思表示は充分。彼女の方も、疲れと酔いが心地よくまざり合って、淫蕩な気分になっているはず。落ち着いた態度でシンプルな外観のホテルへイン。休憩なら6000円、泊まりは一万円くらいである。

5万円コース

乾杯

●いつものとおり、喫茶店で待ち合わせ。1000円

●彼女の好きなアーティストのコンサートへ。会場や音楽の傾向にもよるが、チケット代で8000~1万2000円くらい。とうぜん事前に予約してとったチケットになるだろうから、当日になって「ゴメンネ、行けなくなっちゃった」と言われないように、彼女のスケジュールをしっかり確認しておくことが肝心。

●しかし、いつも彼女の趣味にあったコンサートが見られるとは限らない。そんな時は、ディスコへ誘ってみよう。躍動的なリズムと目眩めくようなライトの洪水を浴びながら体を寄せあってダンスに興じれば、いやがうえにも興奮が高まっていく。入場料は1万円程度。

●盛り上がったあとの食事だけに、静かすぎでも調子がくるってしまう。少々匂いが気になるが、焼肉で踊り疲れたからだの元気回復といこう。目の前で肉を焼いてくれるステーキ屋というのも、イベント性があって面白いかもしれない。1万~1万5000円。

●この辺で、高揚した気分から落ち着いたムードへ路線変更。ほの暗い間接照明に浮かび上がるカウンターに腰かけて、色鮮やかなカクテルで乾杯。ディスコの興奮がおさまってきたところで、彼女の横顔をジッと見つめてみる。カクテルはアルコール度数が高いので、飲みすぎないように注意すること。7000~1万円。

●カクテルの酔いに頰を染めた彼女が、男性の腕にもたれるようにしてきたら、カウンターバーを出る頃合である。あとは、彼女を抱き寄せてホテルのドアをくぐるだけだ。1万円前後。

10万円コース

男女

●ここまできたら、人生最高のイベントだと思って、めいっぱいカッコをつけてみよう。待ち合わせは、高級ホテルのロビーで。男性はシックなスーツを着用。彼女にもパーティーに行くようなしゃれをしてくるように伝えておこう。ここまでは0円である。

英国紳士よろしく彼女をエスコートして、ホテル内のフランス料理店へ。男性が慣れない素振りを見せるとそれにつられて彼女も緊張してしまうので、威厳をもった態度を貫き通すことが肝心だ。席に着いたら臆せず注文を。彼女の分もスマートに注文できれば、男性の株があがる。というもの。熱い視線を投げかけながらワインをかけむければ、彼女は映画のヒロインにでもなったような夢見心地でキミの思いを受け止めてくれるはずだ。食事とワインで約4万円。

食事の後は、最上階のスカイラウンジで、街の夜景をバックに彼女との語らいを。彼女のカクテルを持つ手が止まったところで、男性はすかさずボーイに耳打ちしてリザーブしておいた部屋のキーを用意してもらう。この辺の展開がちょっとぎこちなくても、夢見心地の彼女は一向に気にしないだろう。部屋に入ったら、あせらずに彼女の服を脱がしていくように。彼女もオシャレをしてきているのだから、間違っても服の上からきつく抱きしめるような無枠な真似はしないことだ。スイートルームで5~6万円である。

デートの中身は金額で決まるものではない。どンナニチープなデートでも、彼女のハートをがっちりつかめば男性の勝利。スポーツが得意ならテニスやスキーで雄々しいところをみせつける、知性派だったら博物館や美術館で教養ゆたかな一面をのぞかせる、カラオケが上手いというのも女性の注日を集める手だ。

とにかく、ここで紹介したデートコースはひとつの参考でしかない。それぞれが得意分野を生かして、どれだけ女性を退屈させないように演出できるかがポイントである。

最後に、どうしてもお金がないという男性のために、とっておさの手を紹介しておこう。それは、最初から思い切り女性に甘えてしまうこと。女性は打算的である一方で、頼りない男性を目の前にすると母性本能から面倒をみてあげたいという気持ちになるもの。「この人はわたしがついていなくちゃダメなんだから」と思わせるのである。そすれば、だまっていてもデートの費用は彼女が持ってくれるようになる。ただし、そのためには、男性に強烈な魅力が必要だ。司法試験突破を目指して猛勉強しているなんてシチュエーションが分かりやすいかもしれないが、もっと日常的に、会話がとにかく面白い・タレントと見紛うくらいカッコいい・ベッドテクニックが忘れられないなど、女性の気持ちを引きつける”なにか”があればいい。一度でも女性の母性本能を掻き立てられれば、あとは甘えていられるというわけだ。もつとも、こればかりは意凶的にねらつて小手くいくものでは無いので、あまり当てにしない方がいいだろう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です