子宮口の役割について

膣奧に指を入れると上壁にコリッと固い盛り上がりを感じる。これが膣と子宮を連絡している子宮口である。

そこで問題だが、この子宮口は性感帯として機能しているのだろうか?

はっきり言って、子宮口そのものは ひじょうに鈍感な部分である。ほとんど神経がないといってもよく、膣奥に 鉗子のような器具を揷入して剌激しても、なにをされているのか分からないというのが実情なのだ。しかし、セックスの場面と思い浮かべると、子宮口が鈍感だとはどうしても思えない。

ぺニスを深くインサートレてピストン運動を繰り出すたびに、女性は切ないアエギを洩らしながらはげしく悶え、 時には「もっと奥まで突いて!!」というようなはしたない叫びをあげてのぼりつめていく。こんな姿を見せつけられては、子宮口が鈍感だと言われても 信じられないだろう。

が、もしも子宮口が敏感にでぎていたら、ビストン運動のようなはげしい刺激に、快感を覚えるどころか痛みしか感じられないはず。「もっと奥まで!!」の快感は、子宮口そのものが感じているのではなく、お腹の中を搔き回されるような感覚が子宮本体を、さらには内臓全体を揺さぶる震動となっ て、女性の性感をはげしく燃え上がらせているのである。

女性から先のような言葉を言われると、男性はすぐにべニスをもっと奥まで突き入れようと腰ばかり押し出して ビストン運動をないがしろにしがちだが重要なのはリズミカルな腰づかいによる震動なのだ。女性をよろこばせようと思ったら、この点を忘れないよ うにしておかなければならない。

性感帯としては失格かもしれない子宮口だが、その鈍感さゆえに、ビスト ン運動の強烈な衝擊を受け止めるクッションとなって、内臓全体を震わせる手助けをしているのである。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です