異常なセツクスとは

基本的には、セツクスに異常などというものは存在しない。おたがいか求めあっている行為であれば、相手を傷つけたり殺さないかぎり、どんな 過激なセツクスをしていても異常とはいえないはずだ。

そもそも、セツクスに対する考え方は’ その時代や国によって大きくことなっている。

いまではポルノ解禁•セツクス大国 のアメリカでも、かつては生殖以外の性交を禁じるキリスト教の教えからか、 フェラチオやクンニリングスなどの才 ーラルセツクスをした人間は十五年以下の懲役に処すという法令が発効されていたことがある。

また、性意識の進んでいるオランダでは、個人の權利を重視する発想から、 十三歳以上なら本人が希望すればポル ノ映像への出演も可能だという。わが国では考えられぬことだ。もし十三歲 の女の子とセックスをしたいなどと口 に出したら、それだけで周囲から非難を浴びせられること必至である。

このように’性意識の通念はひじょうにあいまいで’ 正常と異常を切り分ける基準などどこにも存在しない。S Mでも、スワッピングでも、スカトロ でも、その当事者が楽しんでいれば異 常なセックスにはなりえないのである。
ただし、パ—トナーが嫌がっていた ら話は別だ。セツクスの判断基準は’すべてその当事者の考え方にある。欲望に素直になるのは結構なことだが、 どうしてちできないという行為を相手に無理強いするょラでは変態扱いされ ても仕方がない。

相手の性衝動をどれだけ理解できるか。これが正常か異常かを決めるボイントなのではないだろうか。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です