脇腹•腰への愛撫

肋骨の側面から脇腹腰骨へかけてのラィンも、 くすぐつたさと快感がいりまじつた性感帯といえ る。指先や舌でソフトになぞり上げれば、女性は なんともいえない搔痒感にからだをくねらせるは ずだ。肋骨の下端、腰骨が盛り上がった部分は特 に敏感なスポットなので、軽く手の平を押し■当て て震わせたり、マッサージをするょぅな円運動で 攻めてみるなど、刺激法にバリエーションを持た せてみるのも一興だ。

もし相手の女性が過度にくすぐったがった場合 は、腋の下の項で説明したょぅに愛撫に少し力を 加えるのが定石だが’ ここでは一味ちがったアブ ローチで女性の性感を引き出すテクニックを紹介しよう。

その方法とは、男性が女性の手に自分の手をか さねて愛撫するというもの。ものすごいくすぐつ たがり屋でも、自分で自分のからだを触るぶんに は悶えるはずがない。

男性は、重ねた彼女の指に自分の指をからめな がら、女性の手をみちびいて腰骨からウェスト、 肋骨のラィンを愛撫していけばいい。そうやつて しばらく愛撫をほどこしたら、頃合を見て彼女の 手を外し、男性が単独で愛撫を加えていく。

このようにして女性の皮膚感覚を開発していけ ば、羽根が触れたような微妙なタッチでも、彼女 は甘い吐息をもらして身をくねらせるようになる だろう。

このテクニックは、脇腹だけでなく、腋の下や首筋などくすぐつたかるポイントならどこにでも 応用できるので、その時々に合わせて大いに利用 していただきたい。

続く腰への愛撫も、セックスを盛り上げるため には大事な行為だ。といっても、腰だけの愛撫で 女性を悶えさせるのはむずかしい。腰への刺激は、 女性の性感そのものを引き出すのではなく、女性 の感度をより敏感にさせる触媒的な役割が強い と思つてほしい。

背骨と尾てい骨がぶつかる腰部は、日常生活の 中でもっとも負担がかかっている。セックスでも、 腰への負担は計り知れないものがある。女性をう つぶせに横たえたら、男性は、片手で背中や脇腹 などを愛撫しながら、もう一方の手を彼女の腰に 当て、手の平全体を柔らかく押しつけるようにし 上、っ。

圧迫感が心地よいぬくもりとなって、女性は心 身ともにリラックスした状態へみちびかれていく。 そうなれば、おのずと性感もゆたかになり、男性 の愛撫に対する反応も変わってくるはずだ。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です